熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

女性のわたしが女性からセクハラを受けているという現実

f:id:sultrynight:20170302011651j:plain

 

ああ、苦しい苦しい苦しい。どうしてそんなセクハラをするの?わたしはどうして女の人にセクハラされているの?この世の中は、異性愛主義なんでしょう!?構うな。誰も、わたしに構ってくれるな。と、やさぐれた気持ちになっているいま。とてもブルーです。

今日もまた「早く結婚して安心させて」「いいハナシは無いの?」母親でも父親でも祖母でも祖父でもない、ましてや親戚でもない仕事場の先輩に、攻撃を受けました(相手はもちろん、好意とちょっぴりのおせっかいで言っています)。

 

「早く孫が抱きたいの」

 

自分の親と同じ世代の女性からのそんな発言。そしていま産休を取っている仲間のハナシ。いまこの瞬間に『わたしのパートナーは女性なので、結婚ができないんですよね〜』と、シレーっと言ったら、楽しそうに笑っているこの人達はどんな反応をするんだろう。真面目に相槌を打っていたら死んでしまうその空間に気持ちだけをフワフワと浮遊させて、いつも通り自分を守るそんな空想に耽っていました。


冷静になったいま、ものすごく鬱々しい気持ちが溢れ出てきました。もう仕事を辞めたいとさえ思います。そう、わたしたちは常にこんな風にセクシャルハラスメントを受けて、誰にも傷ついたと言えず、仕事に支障をきたしています。

 

www.change.org

 

もう、人生に疲れた……

 

どうして流せないんだろう。どうして大真面目に傷ついて落ち込むんだろう。わたしのパートナーは女性。根が頑固なのか、クソ真面目なのか「彼」と置き換えて喋ることができない。だってhoneyは男の人みたいに身体はがっちりしていないし、男の人みたいに声は低くない。男の人みたいにおちんちんがついていないけど、おっぱいがある。これをどうやって「彼」として話せばいいのかが分からない。無理だろ。女なんだから。

優しくて、まではいける。でもその続きをステキな人で終わらせたくない。優しくて、可愛い人。指がきれいで、メイクが上手な人。わたしを支えてくれて、料理が上手な人。同じ趣味を持っていて、絵が上手で、ボブが似合う人。お嫁さんにしたい人。どれも端折れるもんか。


相手にも自分にも嘘がつけない性格って、疲れるなぁ。自分で自分の首を締めている。だからもう呆れてくれて、構わない。でもどうか呆れたことを口に出さずに、そっとしておいてほしい。このブログはわたしのプライベートな日記帳。だから読んだらそっと閉じてください。何も言わずに、そばにいてください。

 

sultrynight.hatenablog.com

 

sultrynight.hatenablog.com

 

sultrynight.hatenablog.com

 

できるもんならとっくにしてるわ、結婚なんか。バーカ。