読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

たすけて

LGBT

f:id:sultrynight:20170103193547j:plain

それは誰のための言葉なのかしら

 

あなた達は「今じゃない、今じゃない」と言うけれど。じゃあ果たしてこの先、わたしに「今だ、行け!」はくるのか?

父親へのカミングアウトに関する話をカミングアウト済のストレートの人たちに話すと、よく言われるのが「今じゃない気がするんだよね」という言葉。わたしのことを思って、きっと最悪のケースを想定して言ってくれているんですよ。ありがとうね。だからこそ、このやりきれない思いをどこにぶつけていいのか分からない。わたしを困らせたくて言っているのではないと分かるから。あなたたちがわたしの性的指向を受け入れてくれた瞬間、わたしに生きていく希望を与えてくれた人たちだから。

でもね、わたしは自分がレズビアンだと気づいたときからもう何百回、何千回、何万回と、その最悪のケースを想定して、もちろんあなたたたちに言うときだって怯えて、怖くなって、逃げて、の繰り返しのなか生きてきた。ようするに自分で自分にたくさんの「今じゃない」を繰り返し言い聞かせてきた。それをまた他の人に諭されるように「今じゃない」と現実を突きつけられるのは正直、辛い。わたしと父親にとっての「今」を、一体この世の誰が確信できるんだろう。

 

「こういう社会だから。割り切って考えなきゃ」←???

 

そんなこと言ってるべきではないでしょう。人権問題なんだよ。そんなの、言葉の暴力だ。我慢しなきゃいけないときがあることも、焦ってはいけないことも、人権問題だからって、今わたしにできることが少なすぎるのも、そんなのぜんぶぜんぶぜんぶぜんぶ分かってる。全部分かってるからこそ、もうどう動いたらいいのか分からない。できることをしているよ。これは「今じゃない」と心配してくれるあなた達の人生じゃない。わたしの人生なんだもん。焦るよ。

心の病気になりそうなのに、なかなかならないよ。イヤんなっちゃう。心の病気という最悪の事態にすら、父親へのカミングアウトのきっかけを探してるんだから。

 

ひどく傷ついた、忘れられない言葉


何年か前に、過去に好きだった先輩に、あなたの結婚式には出られないと伝えたときに返ってきた言葉を今でもはっきりと覚えている。

「今、こんな社会なんだからしょうがないでしょう。あんたがなんて言ったって。人の幸せを祝う気持ちと、あんたがそう(レズビアン)だってのは、関係ないよ。わたしだからいいけど、毎回そんなことしてたらいつか友達無くすよ」

……と言われたんですね。あのときは「自分が祝いたい人ぐらい、ちゃんと自分で選びます」って返事をするのが限界だった。そしてもう二度とあなたと連絡を取りたくないと伝えるのが、精一杯だった。今だから分かる。断言できる。関係ないことなんて絶対にないよ。レズビアンだからという理由で、(わたしにとって不可能な結婚という理由のみでしか)実家を出られず、好きな人と一緒にいられない。生まれてきたときから持っている性的指向によって、こんなに人生が縛られてしまうなんておかしいよ。そんな状態で人の幸せなんか祝えるかよ。

こんなの変だ、あってはならない、おかしいと声を上げると、「仕方がない」「こういう世の中だから」という答えにしか行き着かない社会なんて、本当どうかしてる。そんな悲しい会話をこれ以上、大事な人たちとしたくないんだよ。たすけて。