熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

人様の結婚式参列って強制?

f:id:sultrynight:20171122000323j:plain

結婚式には参加しないと決意した日

 

1年ほど前ですが、決意したのです。
友人の結婚式には今後一切、参列しないと。

▼傷ついて帰ってくるだけなのに……

sultrynight.hatenablog.com

 

▼自分を守る判断をしました

sultrynight.hatenablog.com


▼先輩に言われた、最悪な言葉

sultrynight.hatenablog.com

 

またもそれを言われるときがくるとは思わなかった

 

数年経って忘れたこの時代に、今度はカミングアウト済みの友人に言われました。正直すごくひどい。と思ったから、ここに書き記しておこうと思います。

その友人には、大学生のときにカミングアウトをしました。多分、一生付き合いがあるんだろうな〜、そこに恋バナというものが必須な関係になるんだろうな〜、と思って。ずっと私とhoneyの関係を応援してくれていたので、もしかしたら気が緩んでいたのかもしれませんね。必ずしも、全ての意見が受け入れてもらえるとは思っていなかったけれど。

先日、一緒にご飯を食べに行った時に、結構深い恋バナになって、今だ、と思って言ったんです。伝えるなら今だ、と。「男女の結婚式に参列すると、自分たちが結婚式を挙げられない現実を受け止めないといけなくて辛い。真正面から見ていられないぐらいに辛い」「今後、結婚式を挙げる予定が友達にあったとしても、その全てに出席するのをやめた」と伝えました。

実際、この時点でさっきの過去の記事にも書きましたが、招待がきても参列しないことを決意してからは、友人の結婚式への参列を断り続けていました。もうドレスも処分しようとしていたところ。でもね、ノンケの友達は決まってみんな不可解な反応をするの。今回、私の苦しみを伝えた子なんて、ほとんど憤慨していた。「それでも来てほしい」と訳の分からないことを言っていた。混乱した。私の気持ちはまず置いておいて、彼女は憤慨した結果、こんなことも言った。「miraには、地に足を付けて立ってほしい」と。

ん??????????

どういう意味でっしゃろ?なんなの?なんで「見るのが辛いから出たくない」と言っているのに、出席を強要するの?しかも地に足を?んん?

私、そんなにおかしいことを言っているのかしら。私にとって異性愛者の人たちの結婚式に出席するということは、自分たちに婚姻の平等の権利が無いことをわざわざ確認しにいくようなもの。本当に本当に苦痛で、ストレス以外の何物でもない。それなのに彼女たちは決まって、私が人の結婚式に参加しない意思を非難するんです。まるで私がわがままを言っているような雰囲気で諭されます。どういうこと?なんでだろう?

「仕方ないよ、日本ではmiraたちは結婚できないんだから」「一生、そうやって生きていくつもり?」「もしも普通の結婚式が嫌なら、自分たちも外国であげてこればいいじゃん」「そのつもりなら、ここに住んでいちゃいけないと思う」

なんてひどい言葉たちなんだろう。少し、泣きました。泣いても、その涙の意味は彼女たちには全く届いていないようでした。もう、友達をやめようと思いました。

友達関係さえ危うくさせられてしまう、日本の憲法。本来なら、日本国民ひとりひとりを守るためにある憲法。その中に私たちの姿はありません。想定されていません。存在を排除されているので、私たちレズビアンカップル、ゲイカップル、つまり同性愛者の婚姻は無くて当然、仕方の無いこと、我慢しろ、そんなひどい言葉の暴力を平気で振るう人たちがいます。愛するパートナーと結婚したい、その純粋な思いが、私の友達までを奪っていきます。残酷な環境です。