熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

女に女扱いされたい

f:id:sultrynight:20170703223641j:image

 

……これが、私の性的指向の全てと言っても過言ではないかもしれない。

 

「レズビアン」と一口にいっても色んなタイプのレズビアンがいる。世界には、もうここに書き切れないほどのいろーんなレズビアンがいて、性格も感じ方も想い方もみんな違うからきっと同じレズビアンはこの世に存在しない。なのに、レズビアンと一括りにすると一気にAV感が出る世の中だ、この日本は。きっとまだ。

 

私はパートナーに女扱いされている。これがものすごく嬉しい。今まで付き合ってきた女の人の前では、私はタチ、いわゆる攻め、引っ張っていく方で“いなければならなかった”(こんなときでも分かりやすいからって絶対に“男役”だなんて表記はしない)。しっかりしていないと多分ネコだった彼女たちの欲求を満たせなかったし、私がそこに居る意味がなかったように思う。

 

無理していたんだなぁ。私はずっとずっと、女の人に女として扱ってほしかったんだ。タチが嫌とかネコになりたいとか、そういう話ではなく。「女扱い」を男性にではなくて女の人にしてほしい。今でもされると本当に本当に嬉しい。甘えたい。女の人に。女の人に女としてモノを言いたい。女の人に女扱いしてほしい。荷物を持ってもらったり、頭を撫でられたり、甘いものを与えられたり、話を聞いてもらったり。

 

女としての私を、女のあなたに愛してほしい。ダイエットをしてもなかなか減らないおなかをバカにするように優しく後ろから抱き締めて撫でてほしいし、あなたにきれい、触り心地がいい、って言ってほしくて頑張ってケアしている髪の毛を死ぬほど触ってほしい。持ちきれない荷物は私の非力に文句を言いながらも簡単に持ってほしいし、電車の中でくさいおじさんが居たら前に立ってそっと守ってほしい。

 

多分、パートナーは性別で私を好きになったわけではないから、女として愛してほしいっていう言葉が苦手だと思う。仕方のないこと。だから、今のまま、どうか私という人間を愛していてくれれば、それでいい。結局、それで私は満たされているんだから。

 

(おそらくノンケであろう)男の人からの女扱い

 

苦手、というか……どう接したらいいのか分からない。こんな異性愛者主義の世界で育ってきたから、どんな反応をしたら喜ぶのかは十分知っているけど、全く嬉しくないから嘘のリアクションをとることが申し訳なくなる。申し訳ないけど、でも同性愛者だと悟られることはリスクがあるからきゃぴきゃぴしている。異性愛者を演じて。

 

私が異性の隣で異性に女扱いされて嬉しそうに笑っている姿なんて、誰も想像しないでほしい。あり得ないことだから。誰にも想像してほしくないのに、私が同性愛者だとカミングアウトしないことには、100%の人が私を異性とセットで想像する。嫌だと言っても。私がいくらそれに嫌悪していたとしても「そういう世の中だから」。

 

ほんの少しの悪あがき

 

同性愛者はどの世界にも居て当然の存在なのに、タブー視されるのはどうしてなんだろう。いつになったら、私たちは正しく息ができるようになるんだろう。

 

だから私は頭の中で想像する。あの俳優さんが男性の隣で男扱いされていることを。その事実に嬉しそうに微笑んでいる姿を想像する。あの女優さんが、女の人に女のわがままっぷりを存分に発揮して何度も許してもらっている姿を、思いっきり想像する。私と同じように同性の恋人に可愛がってもらっている姿を。逆にたくさんの愛で同性のパートナーを包んでいる姿を。

 

それで、満足する。それから私はパートナーに甘えさせてもらった分、次は同じようにあの子を甘やかしたいと思って、ちょっとお姉さんになって嬉々として接しにいく。私は実は甘えるのも甘やかすのも大好きだ。どちらも相手は女のhoneyでないと嫌だけれど。これが、私というレズビアンなんだ。