読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

いちばん かわいい こうはい

LGBT

結婚への異常な執着

 

わたしは、結婚に対して異常に固執している。恋愛をすると私の考えとして必ず、触れてしまう単語。幸い、恋愛結婚をして今でも好き同士である両親の元に育った。ほぼ毎日喧嘩はするし、離婚を考えるまでの過去こそあったが。だからこそ、『好き同士は結婚をして結ばれる』という方程式がわたしの中に憧れとして、ある。

いわゆる、女の子の夢。憧れの真っ白なウェディングドレス。そんなものに姉妹の中で1番惹かれてしまっていて今でも固執しているのが、皮肉にもレズビアンであるわたし、というわけ。いままでも散々、いや、考え出すとキリがないから考えないようにしているのだけれど、当然、友人や親戚の結婚式の招待状が届いたとき、過去に好きだった人の結婚・子育て真っ最中の写真を見てしまったとき、言葉にならない色んな感情に押しつぶされる。

叶いもしない恋をして、性的指向が自分とまったく違う人を好きになるというのは、大変労力のいること。できれば、避けたい。でも簡単に自分の感情から逃げられるほど色恋って単純なものじゃないですよね。仮にわたしのことを異性愛者である男性が愛してくれたとしても、やっぱり応えることができない。異性は恋愛対象ではないから。

 

あの頃、わたしが恋をしていた先輩は


それと同じような気持ちでわたしのカムアウトを聞いていたんだろうな。そして一生、性的指向が違う彼女らとは分かり合えないの。正確にはhoneyとわたしも違うけれど、重なる部分は、ある。honeyとの出会いは奇跡だな。わたしのことを好きになってくれて、ありがとう。今さらだけど、この奇跡に感謝したい。

好きになった人に、好きになってもらえるということ。その奇跡に感謝するような結婚式がしてみたい。結婚をして、幸せな家庭を築いて、おばあちゃんになったときにもやっぱりhoneyと一緒にいられる毎日に感謝していたい。

今日、目にしてしまったそれは、わたしの好きだった先輩ではなくて、知らない女の人みたいだった。あの頃とはずいぶん雰囲気も変わり、普通の、イマドキの、アラサー主婦。わたしが目にしたそれが過去に彼女が望んでいた幸せなら、言うことはない。身の焦げるような恋愛をして、産みたかった年齢で子どもを産んで、子育ての様子をFacebookにあげ、自分の夢に向かって突き進んでいく。周りがその熱意に答えて背中を押してくれるのであろう、あの先輩のキラキラした毎日。

そんな夢を語っていたあなたの隣で、過去にうんうん、と従順に聞いていた後輩は、あなたのそばにはもういないね。自分がレズビアンだと気付いた日から、あなたの色恋話、結婚、出産計画の話を聞くのがしんどかったよ。あなたにカムアウトした後も、わたしがかつてあなたを好きだったこと、恋愛対象は女性であることなんて聞かなかったことのような態度でそれは続きましたね。

「レズの後輩がわたしのことを好きだった=なんでも言うことを聞いてくれるだろう」という考えだったのかは知りませんが、仕事の手伝いに呼んだり、所用の足に車を出せとパシったり。いつも急に呼ばれるせいでわたしのプライベートな時間は、あの人の前では無いも同然だった。過去にわたしが恋愛感情を持っていたが故に、自分はわたしにとって特別だとでも思われていたのかしら。


いずれ、わたしはもしかしたら職場であなたの子どもを預かるようになるかもしれない。そのときにわたしが今のパートナーと理想的な家庭を築き、幸せに過ごしているのを見てあなたはどう思うか、何も思わないのか知らないけれど。それでもそのときに、なぜあのときあの子の勇気を無視してしまったんだろうと思ってもらえるぐらいに、わたしなりの幸せを手にしていたい。異性愛者のあなた達とは違う、わたし達なりの幸せを。

Facebookで「恋愛対象は男性」なんてことまで公開しているのは、わたしのカムアウトと関係があるのではないかと勘ぐってしまう。ま、いんだけどね。わたしも先ほどはっきりと言ったように自分の恋愛対象を公表するのは余計な失恋を回避できますものね。

なんにせよ、あの人がわたしのカムアウトを真剣に受け取ってくれて、それでもアンタは大事な後輩だよ、と言ってくれたのなら……喜んで結婚式にも出席したのに。