熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

レズビアンである私が好きな男性、嫌いな男性

f:id:sultrynight:20190117223055j:plain

レズビアン的男性考察

 

う〜〜〜ん、やっぱりコイツ苦手……。と思う男性が職場にいる。何でこの人のこと、こんなに苦手って思うんだろう?とか色々考えてると、そういえば前の勤務地で働いていた頃から苦手な男性がたくさんいたことに気付いた。でも苦手じゃない男性もいる。違いはなんなんだ?と考え始めたのが、この記事を書くにあたった経緯。

いま苦手で苦手でしょうがない男は、とにかく女性を女性としてみる人?なんて言ったらいいんだろう、自分が男性優位に振舞っても怒らない女性を、女性扱いする人、というか。多分その男の中で、女は常に自分に対して笑顔で口答えしないのが当たり前だと思っている節が見受けられるので、苦手なんだと思う。私はその男に、そいつの理想の女の姿なんて見せてやらないことにしている。でもそうすると、きっと無意識なんだろうけれどその男は勝手に不機嫌になって、会話するときも表情が変わらなくなる。めんどくさいなーと、思う。

 

困ったおじさんたち

 

今まで出会ってきた苦手な男性に共通するものは、『私に私が女だと思わせてくる人』。例えば信頼していたボスだって、久しぶりにお会いしてお話したいです、なんて伝えたら「会いたいってことは、いい話?(そろそろ結婚の報告でもしにくるのか?)」だし。その前のボスは、執拗に自分の友人か知り合いかなんだか知らないけど、その息子を私に会わせたがった。彼曰く「禿げてるけどいい奴」なんだそう。

中ボスなんてもっとひどい。前の職場では宴会で酔っ払うと必ず私を隣に置いた。文字通り、置くというのが正しいぐらい、私は彼の中での基準で【女】だったんだと思う。俺の隣には【女】が必要。隣はmiraさんと◯◯さん、おいで、と。嫌だと言えない。だって上司だから。この先の私とパートナーの人生がかかっている仕事だから。ヘマはできない。日常にある#MeToo。

今の中ボスも同じ。冗談を言うときには必ず男女を連想させることでしか笑いが取れない。私は帰って1人で暮らす【女】。「帰ったら、電気が付いていなくて寒い部屋だね?まずはエアコンをつけて料理の支度をしないとね」なんていう終業の挨拶を笑顔で交わし、暗い気分になる毎日。「花みたいにきれいですね」「男性は女性の前では弱いですから」。私以外の女性にも同じように性差を感じさせる言葉でコミュニケーションをとる。私以外の人はどう思っているんだろう……と考えてみるけれど、ほとんど所帯持ちの中年女性なので、その心意は分からない。

庶務を色々としてくれるおじいさんに至っては、男性にはとてもいじわる。パワハラし放題。自分は冗談と思っているのかもしれないけれど、私たちの年代からしたら本当に害悪な関わり方しかできない人。気に入っている女性には自分の年齢を楯にして少し困った笑い顔が手に入るような接し方をする。もちろん私は、この世界で生きていかなくてはならないから、こういうお年寄りを敵にすると面倒ということもあり、困ったような笑い方で対応する。彼の好みの女性は「物を言わず、黒髪でおとなしい女性」だそうだ。

同僚は、お茶だ食事だ、その約束の裏には(コイツのプライベートを暴いてやろう……)という気持ちが見え隠れする人ばかり。「いい人いないの?」「彼氏は?」妙齢の独身女が自分のことを積極的に明かさず、早く家に帰っていくんだから、そんな想像もしたくなるんだろう。

他にも、年賀状を1度も自分で用意したことがないおじさん(「お母ちゃん」(←奥さん)に全部やってもらってるんだそう)や、今まで一度もご飯を炊いたことがないと自慢するおじさん、色々なおじさんがいて、それはもう地獄だ。毎日、地獄に出勤している。

究極に疲れた、と思うときがある。
こんな古い世界で生きていたくはないと。

家を出る前の私みたい。出てみたらあっけないものなのに、仕事となると人生がかかってるからどうにも動けないでいる。この職業の安定は今の世の中で同性と暮らしていく上で絶対に強みになるから、逃げてしまいたいと思いながらも、なんとかしがみついている。

 

私が好きな男性の共通点

 

じゃあ、今まで一緒に働いていて、気持ちがラクだった男性はいなかったのかというと、いた。2人いた。その2人に共通するものは何かを考えてみた。

 

  • 変にプライベートに突っ込んでこない
    →自分のプライベートや現状に満足している雰囲気が伝わってきた。
  • 私を女扱いするにしても、下心や男性優位的な気持ちがない
    →女男で得意な部分を補い合える、性差を尊重し合えていると感じる人だった。
  • 性について強調しなくても、楽しい話ができる
    →【男】である自分に、ではなくて、【個人】としての自分に自信があり、余裕が感じられる人だった。

彼らとは心地よく仕事ができたことを思い出す。信頼していたし、何より尊敬していた。いまも継続して、尊敬している。あんな人になりたいなあ、とも思う。そういう人たちから、一目置いてもらえるような人になりたい。

 

やはり基本は個人対個人であるべき

 

こうやって、性を意識しないで会話ができる異性愛者の男性は数少ないのかな。私のことを異性愛者の【男】である自分から見た【女】として、私以外の女性のことも異性愛者の【男】である自分から見た【女】として見ない男性。【個人】としての自分から見た【個人】の私と話してくれる男性。対個人同士として会話したり、仕事したい。日本では無理なのかな。

どの会社に勤めても、苦手なタイプの男性、また反対に好ましく思えるタイプの男性と両方いるのだろうけれど、私が勤めている業界では、まだまだ性に関しての取り扱いや表現方法が幼稚で成熟していない、と感じる。

念のため書いておくと、好ましく思える=性愛ではないから、私はレズビアンで、私の【女】としての性はあくまで女性のための性だと思っている。同じ理屈で、ヘテロ男性が俺の【男】としての性は【女】のためのものだから、と性に関連した話を所構わず出してもいいと?仕方ないと?それは違う。出しちゃダメ。仕方なくない。大人であるならば、それはダメだ、と気付かないと。

私が自分の性対象である女性に対して、冗談でも性に関連した話をしてコミュニケーションをとらないのは、相手の性を全部まるごと尊重しているからだ。「帰ったらご飯作って彼女が待ってんの?」「私にとってのいいオンナの条件はね……」「飲み会なら周り女で囲んでね」言おうと思ったらいくらでも言えるわ。

目の前にいる相手の性的指向がどこに向くか分からないのに、自分のものさしで性の話を無邪気にすべきではない!!!!!(大声)

最近のモヤっとを吐き出せたら、ちょっとすっきりした。すっきりしたけど、また同じ空間に明日も出勤しなければならないと思うとやっぱり心が重たくなる。

 

同性の婚姻にまつわるニュース

 

いよいよ動き出しましたね。私たちも3年前に同性婚ができるような日本になりますように、と申立人のサインをしました。あのときは連名でサインができるという小さな事実だけなのに、嬉しくて手が震えました。

3年経っても結婚ができないことに代わりはありませんが、こうして原告の方々の勇気と、一緒に戦ってくださる団体のおかげて世の中が少しずつ、変わり始めています。

 

www.bengo4.com

 

この記事も、最近読んで胸が痛くなりました。まるで同じ道を進んでいるような気がしたからです。つまり、まだ私より10歳ほど若い同性パートナーと結ばれたい子たちも、私たちと同じ気持ちになってしまう未来が待っているとしたら、耐えられないと思ったからです。なぜ好きになる性別が同性だったからという理由で、転職をしなければならなかったのか。この中にいまの日本でクローゼットとして生きているオトナの全てが書いてあると言っても過言ではありません。

 

www.buzzfeed.com

www.buzzfeed.com

 

私にはいま、何ができるかなと思ったら、ブログを書くことでした。小さな声でも上げていく。少しの違和感も避けないように、どんな感情とも向かい合って噛み砕いて対話する。それは自分とだったり、家族や友人や他人とだったり。でも決して相手の考えを否定することなく、自分の中に置いておく。知ること、話すこと、諦めずにいたい。

カミングアウトとアウティングが今日もどこかであなたの大切な人の死を招いてしまうから

f:id:sultrynight:20190103040742j:plain

 

「もったいない、かわいいのに」

 

きっと今もどこかで言われているんだろう、と思う。「もったいない、かわいいのに」。私の母親だって、今でさえ言わなくなった(からと言って思っていないとは限らない)けれど、カミングアウトをしてからしばらくは、そう言って嘆いていた。異性愛者の人たちは、異性愛者の人たちのモノサシでしか恋愛の幸福度を測れないんだと思う。

私が私自身をレズビアンなんだと認められたとき、その瞬間に、もしこの先カミングアウトをすることがあったらその人たちから「もったいない、かわいいのに」と言われるレズビアンになろう、と決めた。いま思えば、自覚したばかりの女子大生に、なんて悲しい決意をさせてくれたんでしょうね。この世の中は。男性と付き合えないこと、男性と結婚ができないことはかわいそうだと思う人が多いらしいことを知っていた。また、人並みに容姿に気を配っていれば、同性愛者であることをもったいないと思う人が多いらしいことを知っていた。

だからレズビアンの私が異性愛者の恋愛のモノサシに合わせようとしていたのです。「ブスだから女に走った」と言われないように。

でもいまの私の中では「もったいない、かわいいのに」=「ブスだから女に走った」の公式が確かなものとなりました。異性愛者の人たちが口を揃えて私に言ってくれる「もったいない、かわいいのに」は結局、男性と一緒になれなくてかわいそうという、異性愛者の恋愛の幸福度モノサシで測られていることに変わりありません。だから私にとってはその言葉たちの「かわいい」も「ブス」も一緒に聞こえるようになりました。

それがそのうち年齢を重ねていくと「きれいなのに、なんで結婚しないんだろう」と噂をされるようになる。または「売れ残ったな」と。それってどちらも同じ意味でしょう、やっぱり。一生続くんだ、これ。絶望でしかないね。

 

アウティングについて

 

アウティングはゲイやレズビアン、バイセクシャル、 トランスジェンダー(LGBT)などに対して、本人の了解を得ずに、公にしていない性的指向や性同一性等の秘密を暴露する行動のこと。(Wikipedia)

 

正直、アウティングなんてそこら中にあると思う。誤解を恐れずに言うと、何かとても重大なことで、自分だけでは処理しきれないことを隠しておけない気持ちは、私にもある。誰かと、この話を共有したい、誰かに話したい。話さないと今後の会話が成り立たない。そんな経験があるのは、おそらく私だけではないのではないかしら。言葉を話す人間なら、その葛藤に悩んだことがあるのではないでしょうか。

でもアウティングは、人を死に追いやることがある。秘密の共有では終わらない。性的指向が異性愛者のモノサシで測られる世の中だから。私たちは人を選んで死に物狂いでカミングアウトをしています。言葉通り、死に物狂いであの大学生もカミングアウトをしたのでしょう。本当に死んでしまった。アウティングに殺された。同じ当事者として、本当に胸が痛い事件でした。

私のアウティングが行われていることも、なんとなく気が付いています。当事者の方ならば、そのなんとなくっていう感覚、分かってくれるかしら。気付いているからって、それを許容しているわけではない。許せない。でも仕方ないと言い聞かせなければならない。

だからせめて、私自身に、私の性的指向を周りにバラしてしまったという事実は、伝えないでほしいと思うわけです。第三者の気持ちは、私が直接カミングアウトをした人の気持ち以上に予測ができない。怖いものです。かわいそうだと思われることが。世界に目を向ければ、同性を愛することで死刑になる国もまだまだあるわけです。どこでどうやって私の噂話が繋がっていくのかを想像すると、何か言われる前に、傷つけられる前に、死にたくなります。

この日本で、アウティングを禁止する法律がないことが不安でたまりません。同性でも結婚するかどうかを平等に選ぶことができる権利は一刻も早く欲しいです。でもやっぱり差別やアウティングによる個人の死が、これ以上増えないように制度を整えていくことも大事だと思います。

 

www.huffingtonpost.jp

忘年会という地獄に向かう

忘年会・新年会シーズン。本当に憂鬱です。お酒は大好き、美味しいご飯も、楽しい雰囲気も好き。じゃあなんで憂鬱なのか?それは、最終的に必ず人生の話、家庭の話、恋人の有無、そんな話になるからです。それを想像すると、出掛ける前から溜息しか出なくなる。まだ現実にはなっていないけれど、でも確実に迫り来るその時を考えることがすでにストレスになり、「ああ、やっぱりQOLが低いよなぁ……日本で生きる同性愛者って……」って思うのです。

 

いいなぁ……。一度でいいから忘年会や新年会を心から楽しんでみたかった。もっと言えば、社会人として生きる人生を心から楽しんでみたかった。

 

私はいつも“ここに馴染んではいけない”とバリアを張って生きている感覚があるんです。だってその場所やその人に馴染んでしまうと、いずれカミングアウト無しでは苦しくなってしまうから。馴染んでいなくても自分の生活を隠していることがめんどくさくて苦しいのに、それが馴染んでしまった場所や人ならどれだけ苦しいだろう。例えば家族に対して、ずっとずっとそうだった。

 

仕事を変えれば、地域を変えれば少しはマシなのかもしれない。でも、それが頭をかすめる度に思うの。どうして他の人がしない選択を、私が同性愛者だからってしなければならないの?

 

私はこの仕事が好きなんです。プレッシャーは常にあるけれど、憧れの職業だった。地元でお世話になった方たちと同じ土俵で仕事をするために、何度失敗しても挑戦して勝ち取った仕事。やりがいがある。毎日違う子どもたちを、養い護ることは本当に楽しい。

 

なのに。私が同性愛者というだけで、一気に疎外され、ひとりぼっちになったような悲しい気持ちになります。多数の常識が何がなんでも正しい世界。同じ業界で働いているレズビアンやゲイの人とは一生友達になれないんだろうな。だって隠さなければ、異性愛者として無難に過ごさなければ生き残れない世界だから。だから隣にいるかもしれない仲間がどうやったって分からない。

 

どうやって多様性を教えていけばいいのかしら。大人の私自身が隠し事だらけで押しつぶされているのに。こんな責任重大な仕事を選んでしまったことを後悔しそうになる。でもなんとか働き続けるうちに、この業界にも変化があるのではないかと小さな期待を抱くけれど、例えば私のルームシェアを不思議に思う人に不意にしつこく質問されたりすると、もうその場から逃げ出したくて堪らなくなる。教育業界とはそういう世界です。

 

今日もまた、忘年会。研修会で奇跡的に親しくなることができた友人数人と。嘘ばかりで塗り固めた苦しい忘年会。あの時、居心地がいいけどもうきっと二度と会うことはないだろうと、パートナーのことを男性に置き換えて話してしまった。私はもう、その架空の男の人の年齢も職業も、出会った経緯も全てみんな忘れてしまった。きっと彼女たちは覚えていて、笑顔で話を振ってくれるに違いない。一瞬固まる自分の笑顔を想像しながら重い足取りで待ち合わせ場所に向かいます。