熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

『同性同士で勝手に愛し合っていればいいじゃん‼️🤮』というツイートから見える日本の闇

f:id:sultrynight:20200203204653j:plain


……きっつ。私が帰ってから何しててこんな時間になったと思う?報告。ツイートをひたすら報告してたんだよ。同性愛者を傷付けるつもりはなく、かわいそうな欠陥品に対しての正論を言ってやっていると思っている人たちのツイートを。ひたすら。チェックして。報告。気が病むわ。

 

 

もう、自分が何を言っても無駄だと思ったの。今までそんな意見を散々見たり聞いたりしてきて見飽きてるはずなのに、またしっかり傷付いてしまって。きっとこの人たちが普段から大事にする誰かが、「そういう発言があったから今までカミングアウトできなかったけど、私は同性愛者だよ。でも同性を愛することは自分で選択したわけじゃないんだよ」と、永遠に距離を置くことを告げられたときに、慌てるか、やっぱり気持ち悪いからと最初からその大事な人がいなかったことにするかだと思うの。結局。

私はあなたの大事な人ではないから、ただ違反報告をして、ブロックした。それしかできなかった。タイムラインに流れてくるリプを見て、こういう人に上手に言い返せたり意見を言うことのできる人ってかっこいいなって思いながら。でも私は先生にこっそりチクるみたいに、運営にチクることしかできなかった。

次にこのツイートへのリプ欄を見た。そう、ちょっとだけ期待したの。「今の世の中、言っていいことと、悪いことがありますよ」ぐらいの、どっちにも取れるリプがたくさん並んでいるのだと。

いいねがたくさん押されている時点で気付くべきだった。目を覆うこともできなかった。私は大人だから、昔の自分のように傷付いて泣くこともできない。部屋の中にはこういうときにそっと抱きしめてくれるはずのパートナーがいない。だから目を見開いて、眉間にシワを寄せて、一つひとつ確認して、静かに違反報告とブロックを繰り返すことしかできなかった。「同性愛者に生きる価値なし」。そんな裏のメッセージを受け取りながら、泣くことも出来ずに強がりを言うことしかできなかった。

 

Twitter公式に「そうだね、だめだね。人としてダメなツイートたちばかりだったよ。よく見つけたね」って励ましと正解をもらうために。2020.2.3 20:12 現在、まだ、このツイートは消えていない。


本当に厳しい世界すぎますね。だから私はつい、カミングアウトをしている友達や家族の顔を思い出しました。彼らの笑顔や優しい言葉を思い出しました。彼らの中にも、このツイートをした人と同じ考えを持った人がいたかもしれない。それでも、私と縁を切らずに繋がってくれているということは、私は彼らの『大事な人』だったんだって。そうやって自尊心を保つことができたんだよ。ありがとう。

 

こんな風に心ない言葉で思いやりのない人たちに傷付くのは、私で最後にしたい。この時代で最後にしたい。いまだに授業で「同性を好きになる人もいる」話をすると、真っ先に「ホモ?」とニヤニヤする子がいます。私は子どものそんな言葉にも、向こう側にいる大人がこの子をこういう顔にさせているのだと感じて傷付くのです。でも私の願いは1つだけ。

同性を好きになり、誰かを幸せにする愛情を「ホモ」だと呼んで笑っているこの子自身が、いつか同性を好きになる自分に気付いたとき、こんな社会に作られた心ない言葉と差別の感情で、自分で自分を傷付けていたという事実がなくなりますように。ああそれと、どうかこのツイートの主の恋人が、親が、子どもが、友達が同性愛者でありませんように。

レズビアンの私が保険金の受取人を同性パートナーに指定して生命保険に入った話

f:id:sultrynight:20191112163801j:image

 

こんにちは。mira(@mirara_l)です。今日はレズビアンである私が、先日ようやく生命保険に加入した話を書きます。

 

はじめに

 

新元号『令和』のいま、まだまだ会社は限られていますが、同性パートナーを保険金の受取人に指定することができます。

 

最初にその画期的な取り組みをしたのが、ネット型保険のライフネット生命だったと記憶しています。続くようにして平成の終わりには各会社も追いつけ追い越せと同じように規定を変更していったのでした。ライフネット生命もそうですが、今までの事実婚の範囲を広げる、というやり方ですね。法律での話ではなく、会社単位で事実婚を同性カップルにも広げる対応を取ります、という規定変更は、保険を必要とする同性愛者に寄り添ったものでありがたいです。

いまや生命保険だけでなく、家のローンも同性で一緒に組めるようになったり、車の保険も一緒に入れるようになったり、私たちが飼っている愛犬の保険会社も配偶者に同性パートナーを含める、という改善をしてくれました。確実に時代は変わってきています。

 

 

だけどそれらは、やはり会社ごとの取り組みでしかなくて国の法律的には赤の他人なので、現実には不都合がまだまだたくさんあります。今日ここに記録していく生命保険の受取人の話で言えば、

 

 

  • 年末調整や確定申告での生命保険料の控除は、受取人が二親等内親族に限るので、同性パートナーが受取人になっている場合は控除申告の対象外であること 
  • 死亡したときの保険金を受け取る際、二親等内ではないので保険金の全額が相続税の計算に入れられ、金額によっては残されたパートナーに相続税がかかる可能性があること

 

などです。それと今回、生命保険に加入をしてから初めての年末調整があったので書き方の面で不安な点もありました。その辺りをゆっくりと掘り下げて書いていきたいと思います。

 

ライフネット生命を選んだ理由


私たち女性同士カップルは出会って12年目に突入、同じ家に帰るようになって早2年。 お互いに新しい地で仕事も安定してきて、生活もなんとか回るようになってきました。

 

しかし、貯金がまだ十分に無いいま、もし私に何かが起こった時にパートナーに残されるものは何もありません。逆であってもまた然り。何故って、私たちの関係は法的に認められた配偶者同士ではないから。それだけ。こっちは遊びで一緒に暮らしてるわけじゃねんだよ!人生かけてんだ!おめさんたちが結婚してんのと一緒だわ!と、思わず声を荒げたくなります。

 

いま住んでいるこの賃貸だってどうなるんだろう。契約者は私。いくら仲介業者が私たちの関係を知っていたって、急に何かが起きてしまったとき、私のパートナーは色々な準備ができるまで住む家を保証されるんだろうか。愛する人に少しでも安心を残したい、そんな思いで保険の契約に至りました。

契約する会社は、ほぼ最初から決まっていました。ライフネット生命です。やはり最初に同性パートナーに範囲を広げてくれた会社がいい。それに、以前CEOの出口治明さんが書かれた本を読む機会があり、そのお人柄と知識に惹かれたから、という理由もあります。会社の代表、かつアライとしての発言も多く、好感を持っていました。

 

働く君に伝えたい「お金」の教養

働く君に伝えたい「お金」の教養

 

 

検討から申込にかけてですが、ほぼネットで完結するのが想像以上にラクだった!いまCMでもあるじゃないですか。保険の窓口とか保険見直し本舗とか。そういう人対人で相談できる場所もあるし、聞きたいことも色々あったけど、あぁいうところは怖すぎて無理ですね。同性愛者にはハードルが高過ぎる。

 

だから商品を検討している間にも、このページを何回だって見て、ここで決める!という決意が揺らがないようにしたの。途中できちんとパートナーとも話し合いながら*1、私は生命保険と医療保険、それに就業不能保険の3種類に加入することにしました。


ライフネット生命の場合、パートナーシップ制度の証明や公正証書等を用意しなくてもいいのも決め手になりました。

 

  • 同居の事実を確認するための住民票
  • 所定のパートナー関係を確認する書面

 

の2種類のみで審査をお願いできました。

 

f:id:sultrynight:20191112115950j:image

<ライフネット生命保険株式会社HPより>

 

いま住んでいる場所にパートナーシップ制度なんていう気の利いたシステムは無いですし、公正証書作るお金があるぐらいだったらこんなに慌てて保険には入っていないかもしれません。上記2つのみでOKなのは、かなり安心感がありました。

 

またこの、パートナー関係を確認する書面ってのが婚姻届みたいでいいんですよ。保険料を支払うのはこちらなのに婚姻届みたい、なんて喜んでいるのも変な話ですが、それでもやっぱりね、公的な紙面1枚の中に自分たちの名を連ねるというのは嬉しかった。もうそこからはとんとんと進んで、あと最後に心配だったのは、『面談』。この2文字でした。

 

保険契約で『面談』ってなに?

 

同性を生命保険の受取人にするから保険金詐欺じゃないかと怪しまれてる?とか、面談って絶対あるの?家にも上がるんでしょ?女2人で住んでいるこの家に?怖い人や偏見持ってる人だったらどうしよう……とか色々と考えていました。でもこんなに素敵な取組をしているライフネット生命さんのことを信じたい!思考は、でも……いや、でも……。の繰り返しでした。そうこうしているうちに無事に申込が通り、やはり面談をしたいと連絡がやってまいりました。

 

電話口の方はライフネット生命から委託された会社の人らしく、物腰が柔らかそうな、穏やかなおじさんの声でした。ちょっと怯んだけど「この面談は同性パートナーを指定すると必ずあるものなんですか?」と質問をしてみました。

 

「私は委託されている身ですので詳しくお答えはできないのですが、おそらく必ずあるわけではありませんよ」と、優しく教えてくれました。面談ルーレットに当たったのかな?それでも何となく会社側としての不安も理解できますし、Twitterで検索をしてみるとライフネット生命で契約した同性カップルさんでやはり面談があったという事例もあり、受取人を相続人以外にしたり事実婚のパートナーにすると高確率で面談は入るのかなと思います。

 

もしも受取人を同性パートナーにしてライフネット生命に申し込んで、面談やらなかったって人がいたら教えてほしいです。うちの場合、まだ私だけしか契約をしていなくて、パートナーの保険を申し込むときにも面談があるかどうかが気掛かりです。

 

面談当日

 

ドキドキしていましたが電話口と同じ方が後日、約束の日にやってきて、丁重な姿勢でご挨拶をされました。リビングに上がっていただき、いくつか質問をされましたが、心配していたような不躾な態度や質問は特になく、最初の印象と同じく柔らかな雰囲気のおじさまで安心して面談を受けることができました。

 

年収や職業、なぜこの保険に入ろうと思ったのか、同居をして何年か、などなど。ネットで入力したり、パートナー関係を確認する書面で記入したことを、もう一度確認のために聞かれているような感じでした。

 

もちろん隣にパートナーは座って。少しこそばゆく、よりふうふみたいな気持ちでお話することができました。そして何より滅多にない来客で掃除が捗ったわ。面談をして何が1番良かったかって、部屋がきれいになったことかもしれないw

 

そんな流れで審査は無事に通り、晴れて契約完了に至ったのでした。やるべきことをやっていけば、何の問題もなく同性カップルでも生命保険の手続きをすることができましたよ。

 

年末調整の控除申告について

 

記事の最初、生命保険契約をする上で私たち同性愛者にとって不都合なことを2つ書きました。そのうちのひとつ、年末調整の際、生命保険控除の欄に書けないんですね。私のこの契約は控除の対象外なんです。死亡保険金の受取人がいわゆる『相続人』ではないからです。正しくは国が私たちの関係は相続人にあたらないと差別をし続けているからなんですが。

 

まぁそれは最初から調べて分かりきっていたし(分かりたくもないけど)、控除申請欄に書かないようにと気を張って年末調整の手続きを待ちました。

 

『生命保険料控除証明書』が手元に届いたときに、あることに気が付いたのです。『生命保険』と『医療保険』と『就業不能保険』の控除証明が、同じハガキにまとめて記載されている……!

 

何が問題か?

 

『生命保険』に関しては同性パートナーを受取人に指定しているので控除の対象ではないのですが、『医療保険』と『就業不能保険』に関しては受取人が自分になっています。つまり控除の対象となるわけです。

 

同じハガキに記載されているのに、あえて『医療保険』と『就業不能保険』だけ控除の申告欄に書いたら、気を利かせた事務さんが「この『生命保険』は?書き忘れてるよ」と紙を突っ返してきてしまうのではないだろうか。どうしよう。

 

私は職場でカミングアウトをしていない。

 

怖い怖い怖い。申告いらないんだから、強制カミングアウトはしなくていいんだってこないだ安心したばかりなのに!

 

 

3年前、スイさんのこのエントリーを見て「強制カミングアウトはしなくてもいいんだ。でもほんとに不平等だなぁ……」と肩を落としていたのですが、やっと自分に関係のあるところまでやってきた感があり、もう一度読み直しました。分かりやすい。

 

 

毎年、年末調整に苦しめられてるんだな……。とりあえず、今回は怖かったので、契約したてのライフネット生命に縋る思いで助けを求めることにしました。

 

コンタクトセンターのオオタさん

 

問い合わせのコンタクトセンターの電話番号がホームページに載っていたので、思い切ってそこに電話をかけることにしました。

 

出てくれたのは、またもや男の人。今度は私と同じぐらいの年の人で、またもや身構えてしまいます。名前を言って住所、生年月日と本人確認が終わったらいよいよ相談。きっと向こうに情報は見えているはず。きっと受取人には女の人の名前が書いてあってレズだってバレてんだ……と不安に駆られていました。

 

でも順序を追って話をしていくと、私の困り感に対して電話越しの声だけで分かるぐらいに心から共感してくれて、マニュアルじゃない彼なりの返事をくれました。とても嬉しかった。

 

控除の申請対象とならないことを一緒になって悲しがってくれたり、生命保険だけ申請欄に書かないことで同性愛者なのかと疑われる可能性に怯える私に気持ちを寄せてくれました。泣きたくなった。電話の向こうのカウンセラーでも医師でもない知らない人が、自分の気持ちに寄り添ってくれるって、こんなにも安心できることなんだ……って知ることができました。

 

オオタさん、本当にありがとうございました。あなたのおかげで、冷静さを取り戻すことができました。

 

  1. 保険会社の機械の都合上、1枚のハガキに全ての契約の控除証明が載ってしまうこと。
  2. 不記載を指摘された場合、保険会社に問い合わせ済みで、この中の生命保険のみ控除申請の対象外であると言われた、と伝えること。
  3. それでも突っ込んで聞いてきた場合は、受取人の関係です、とだけ答えること。

 

それ以上は通常、勤め先が突っ込んで聞くべきことではないし、それに対して答える筋合いもない、と背中を押してくれました。

 

この出来事は、これから先もライフネット生命にお世話になろう、という信頼の決め手になりました。

 

マイル、家族割、ローン、賃貸、保険、結婚式、など、使えると分かっていても問い合わせが必要だったり、スムーズに手続きができないことが、いまの日本にはまだまだたくさんあります。そんなとき、こういうアライな対応をしてくださる一人ひとりの社員の気持ちや企業の理念って、私たちが物を選んでいく大切な道標になります。人間やっぱり温かい方に行きたいですよ。安心できる方に行きたい。

 

後日談と残った疑問

 

結局、年末調整の書類を提出してからしばらく経ちますが、まだ事務担当からは何も聞かれていません。書かなかったら書かなかったで済んでいくのでしょうかね。自己責任的な?

 

そのあとパートナーとも話している中で、もし突っ込まれたら男女で事実婚してる人も同じように生命保険の控除を受けられないんだから、それなりの訳あり感を出しとけばいんじゃね?という結論に至りました。た、たしかに……。そもそも私が同性愛者であると、誰かが疑うような進んだ業界でもないか……。

 

残った疑問は、万が一、控除の対象ではないのに年末調整に書いちゃったとしたら、どうなるんだろう?ってこと。どこかで弾かれたり返却されたりするんだろうか。まだまだ分からないことだらけ。世間の結婚している異性の夫婦は言われた通りに書いていけば終わっちゃう、なんてことない手続きなんだろうな。

 

個人的な記録として書いたので、かなり長文のブログ記事になってしまいましたが、もしも誰かの役に立てたり、少しでも共感してもらえたら幸いです。

*1:「死んだらいや」という返事しか来なくて話し合いにならないときもあったw

生まれてくるすべての子どもが笑っている世界になってほしい

f:id:sultrynight:20191015201246j:plain

 

こんにちは。mira(@mirara_l)です。


前回のブログ記事への様々な反応、ありがとうございました。Twitterでは、いいね数が100件を超えて、ビックリしています。それぐらい皆様の心に少しでも触れるものがあったということでしょうか……。私の書いた文章に目を通してくださり、ありがとうございます。後の世代の同性カップルたちが、自分たちの卵子と卵子だとか、精子と精子で子どもを授かれる時代が来るといいなぁ、と個人的には思っています。いろんな議論が必要なんだろうけれど。まぁただ確実にその議論が白熱している頃には、私の生殖器は年をとりすぎていることでしょう。

愛のある家庭に子どもが育ってほしい。淋しい思いをすることなく、痛い思いをすることなく、極度に寒い思いも暑い思いもすることなく、たくさんの笑顔と「大好きだよ」「愛しているよ」という言葉が飛び交う家族の中で育つ子どもをもつ選択を、誰もができるような世の中になってほしいです。その一助に、なぜ同性カップルがなれないのか(ここで言うのは特別養子縁組です)が、いまの私には理解できません。施設で暮らさざるを得ない子どもたちが、なぜ私たちカップルの元で生活することが許されていないのか。

誰かの精子をいただいて子どもを産み、家族になることはできます。愛情と信頼とで結ばれる素晴らしい家族になることができます。実際にそうやって暮らしている人たちがいます。でも、私たちはその選択をしなかった。自分たちの卵子と卵子で子どもを授かることができないなら、どちらとも血が繋がっていない子どもと家族になる選択をします。その準備はできています。1番子育てに向いている年代ですよ。しかもママ2人。

でもやっぱりその権利は同性カップルには与えられていません。またもや、『無い権利』を考えることになるのです。

 

sultrynight.hatenablog.com

 

結愛ちゃん、痛かったね、寒かったね、お腹がぺこぺこだったね。眠かったね、苦しかったね、悲しかったね。それでも「大好きだよ」「愛しているよ」って、パパとママに言ってもらえるように、必死に頑張ろうとしたんだね。「ゆあ」って優しく名前を呼んで、パパとママが笑ってくれることを信じて、反省して、明日は絶対にやるんだぞって、気持ちで、あの手紙を書いたんだね。

あなたを助けてあげられなかった。これだけ虐待に胸を痛めても「あなたたち同性カップルには関係のないこと」「同性カップルには“親”を任せられません」「暴力を振るっても、殺しても、被虐待児の受け皿となる家庭は男女の夫婦のみでなんとかします」と、お国はそう言ってんだよ。ごめんね、結愛ちゃん。でもきっと結愛ちゃんにとっての両親はあの2人だけ。たった2人の大事なパパとママだったのよね。そこしかないもんね、「ゆあ」って呼んでくれるのは、あの家の中ではパパとママだけだったんだものね。

mainichi.jp

 

娘を虐待して殺しても、ニュースの見出しには『父親』と書かれます。なんで。何が家族の証明なの。義理の父であっても男女で結婚すればその子の『父親』になれるの。保護者に。その子が生きても死んでもずうっと『親』と言われるの。懲役を13年受けても。いつまでもあの子の親であることに変わりはないの。なんで。なんで私たちでは親になることができないの。税金を払って、2人で助け合って生きていて、自立していて、社会人として生活しているのは変わりないし、きっと愛しかあげられないのに。同性同士の一体何が問題なの。

もちろん父や母と義理の関係であっても、正しい愛情やたくさんの笑顔と大好きに包まれて、すくすくと育っている子どもがたくさんいることは知っています。いろんな家庭と触れ合う仕事をしています。血の繋がりが家族の全てではありません。私たちも血の繋がらない家族を作れると信じています。

 

www.sankei.com

 

だからこそ、だからこそこんな風に死んでいく子どもたちがいるという事実が本当に許せない。お互いのパートナーになろうと決めた大人2人が一緒になってかけがえのない命を、社会に羽ばたくまで見守り、育てて、支えていく。そんな営みは男女でも女女でも男男でもどちらでも無い人同士でも、果たす権利があると思いませんか。家族を作ることに性別ってそんなに重要ですか?

悲しい。今まで虐待のニュースを目にするたびに、こういうことを考えないよう真正面から見ないようにしていたのだけど、前回のブログで子の無い自分の人生について真剣に考え出したこともあり、今日の判決で思いが溢れてしまった。

子どもをもつ親さんたち、どうか今日はお子さんにたくさん話しかけて笑ってあげてください。ぎゅっと抱きしめ、触れ合って、ほっぺ同士をくっつけてほしい。愛情を込めて名前を呼んで、話を聞いてあげてほしい。できないことも認めて、いつかできるようになるまで信じて待ってあげてほしい。彼ら彼女の1番の安全基地になって、とにかく愛して愛して愛してあげてほしいんです。自分の子どもを抱きしめることができるあなたを、心からうらやましく思います。

「そんなこと言われなくたって」。そう感じる親に、あなたの子どもも、いつかなる権利を持てますように。