読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

大好きな「観劇」について考えたこと

stage

こんにちは、mira(@mirara_l)です。

今日は、観劇することが好きな人なら1度は考えたことがある、もしかしたら当たり前のことかもしれないことについて書きたいと思います。きっと舞台を観ることが好きな人、また舞台でなくても演劇やミュージカルを観ることが好きな人にも当てはまると思います。

 

f:id:sultrynight:20170320031204j:plain

 

知らない世界に連れていってくれる船のような存在

 

今日書き記しておきたいのは「もしかして観劇って、旅や読書と同じ効果があるんじゃないか?」ということ。わたしは今まで人生のスパイスは「旅・読書・人との出会い」だと信じて疑いませんでした。ある日、この本を読んでから本当にその通りだと思い、人生を豊かにするためにはこの3つさえあれば……なんて考えていました。

働く君に伝えたい「お金」の教養

働く君に伝えたい「お金」の教養

 

 

でも今日お風呂で、大好きな舞台『Sin of Sleeping Snow』について思い出していたとき。あの舞台上、いや会場全体に確かにあった第5の季節の中に、もう少し浸っていたかった……っていう思いが心の中にずっとあって、そういう瞬間の説明のしようのない気持ちを大切に持ったまま、こんな風にふと思い出しては、その気持ちを頼りにして生きているなぁ、って思ったんです。

 

旅や読書との共通点

 

そこからは他の舞台についても次々と思い出して。ストーリーが心に食い込んできて切なかったり嬉しかったりして涙したときのことや、役者さんたちが登場人物の人生を板の上で全力で生きている息遣いなんかがどんどん頭の中に溢れてきました。それらが頭のなかをぐるぐるし始めた途端にその一瞬一瞬を、隣で一緒に観劇した彼女と確かに共有したことを思い出したんです。それは旅行先で美味しいものを食べたときや美しいものを見たとき、びっくりするような偶然に2人で笑ったとき、そんな些細な、些細だけど人生を豊かにしてくれる大切な感情と似ているなって気がついたんです。気がつくというか、ほとんど感動したと言ってもいいです。

ただ一緒に観ていたとしても長い公演の中、1人で舞台の上のお芝居に夢中になっているときももちろんあって。それは1人で読書をしていて、その物語がいずれ終わってしまうことが少し寂しいと感じる瞬間に似ているなって。本を閉じたくない、幕が下がってほしくない。もっともっとこの夢のような時間に身もこころも委ねていたい。どうか終わらないで。そんな感覚。

このように舞台って、旅や読書に通ずるところがありますよね。やはり定期的に舞台を観ることは自分にとってはなくてはならない趣味なんだと確信しました。

 

わたしにとって大切な人生のスパイスの1つ

 

思えばアニメから2.5次元の舞台へ、なんてありきたりな理由でこの世界に足を踏み入れましたが、役者さんを好きになって観る舞台の幅がどんどん広がっていきました。色んな船で色んな場所に連れていってもらえて、知らないことを知り、こころを大きく揺り動かされて、どんどん人生が豊かに、そして鮮やかに色づいていきました。


沼だ沼だ、これ以上沼ったら破産だー、なんてよくhoneyと騒いでいますが、実は自分たちは内心それを少し喜んでいたりして。だって、素晴らしい舞台を観た後って必ず「ああ、またわたしの日常を頑張ろう……」って思わせてくれるから。旅も読書も一緒です。きっとわたしの人生に必要なのは「旅・読書・人との出会い・そして観劇」なんだと思います。