読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

セクシャル・フルイディティという言葉に出会ったことで気持ちがラクになったお話

LGBT

f:id:sultrynight:20170219230101j:plain

 

 

こんにちは、mira(@mirara_l)です。

 

聞いたこと、ありますか?

 

最近、出会った言葉がありまして。その名も『セクシャル・フルイディティ』。わたしはレズビアンでLGBT当事者のひとりですが、この言葉は知らなかった。

好きになる相手によって性的指向が流動的に変わる人のことを指すんだそうです。だからバイセクシャルとも似ているけど、ちょっと違うらしい。「そのとき好きになった人が男だった、そのとき女だった」という言い方が1番分かりやすいんでしょうか。わたしはレズビアンなのでセクシャル・フルイディティの全部を理解するのは難しいですが、彼らはあくまで好きになった人の人間性に惹かれる、ということらしいのです。

レズビアンのわたしは好きになる性別は生まれつき決まっていて、女性だけが恋愛対象であることが一生変わりません。その辺は異性愛者と同じなんですよね。同性愛者は同性しか好きにならない。異性愛者は異性しか好きにならない。というように。

というかね、レズビアンであることをカミングアウトした友人などによく「好きになった人がたまたま女だっただけってことだよね!」とか無邪気に言われるのが1番腹立つ系レズビアンなのですよ。『ち、違うわ!!!そんなん違うすぎるわ!!!』と全力で拒絶したい衝動に駆られるのですよ。相手が女じゃないと好きにはならんのですわ。でもこのセクシャル・フルイディティの人たちは友人などにそう言われることに対してなんの抵抗もなく笑顔で「うん!」と言えちゃう人ってことですよね……?(驚愕)

バイセクシャルの人は恋愛対象が男性ならこういう人がいい、女性ならこういう人がいい、と決まっている……のかな?この辺も想像で話しているので、もし違ったらごめんなさい。なんにせよバイセクシャルの人も恋愛をするにあたって「男・女」という性別が前提にありますよね。セクシャル・フルイディティの人たちは性別は後からついてくるんですってーーー!(←本当に自分の辞書にないことだったから興奮しているの。わたしはすごいものに出会ってしまった!)

 

なんと、わたしのパートナーがこれだった!

 

そもそもなんでこの言葉というか性的指向について知ったかというと、わたしのパートナーはもともと「自分はノンケだ」と言っていて、でもわたしと出会って好きになってくれて。嬉しいんだけれど、なぜ?友達の延長線なのでは?とか、ノンケ寄りのバイセクシャルなのかな?と思っていたんです。

でもそういう話をする度に「あなた以外の女との恋愛なんて考えたことない。他の女性には性的には惹かれない……と思う」とか「確かに男が好きだったけど、男といま付き合えるかって言ったら分からない……かな」とかいう発言があって。バイセクシャルであったとしたら、女の人にも惹かれた経験があったり、タイプの顔や性格があるはず。そしてやはりそうだとしたら、わたしと付き合っていても、男の人と付き合うことを簡単に想像できるはず。

わたしも、パートナー自身も、このセクシャルはなんなんだろうなんなんだろうってずっと謎だったんです。……それが、スッキリしたのよ!このセクシャル・フルイディティという性的指向に出会って!なにより無意識にでも好きになる性は流動性のあるものとしている人の存在に驚いた!そしてそれが、自分のパートナーであったこと!バイセクシャルだとしたら根本を絶対に分かり合えないけど、なにこれ!もっと分かり合えないじゃない!(笑)

でもだからこそ、話し合って、お互いの気持ちを取りこぼさないようによく聞いて、擦り合わせて、納得したり質問し合ったり、気持ちを飲み込んだり感動したりして、そんな風に一緒にいることが楽しいんだろうなあって思うのです。必ずしもレズビアンはレズビアンと付き合う必要はない。ノンケと付き合ったって、バイセクシャルと付き合ったって、MTFと付き合ったって、FTMと付き合ったって、いいわけですよね。恋愛の形に正解はないし。

性的指向とか、性自認とか、知っても知っても足りないですね。深いところまで突き進めると本当に当事者でも混乱します。でも面白い世の中だ。だってこんなこと別に知っていても知らなくても、わたしとパートナーがこうして一緒にいることは変わらない事実。多様性を認め合える世界になるといいですよね。こう言ってしまうと簡単で、なぜかとても薄っぺらく聞こえるけど。自分と人との違いを大切にできる人でありたい。し、そんな大人をいっぱいこの世に送り出していくことが、わたしの仕事でもあるのかなぁ、と思ったりしました。

随分と話が飛躍してしまいましたが、そんなこんなである日突然、新しいものとの出会いによって心が救われるというか、気持ちが少しだけ楽になるような出来事があったので、きちんとここに記しておきます。

 

今日、うれしかったこと

 

3月に、剣豪将軍義輝のプレミアム上映会+トークイベントに参加できることになりました!もっと歴史を深く知りたくなるシリーズが大好きなので、すっごく嬉しい!先着順でしばらくローチケが繋がらず、かなり焦りましたが、honeyが無事に取ってくれました。ありがとう……嬉しい。楽しもうね。

 

(※この記事を公開するにあたって、パートナーには予め内容を確認してもらい、了承してもらっています)