読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンに当選していた

stationery

そうなの!当選していたの!す―っごい嬉しかった!文房具が大好きなわたしは、プレゼントの品が「ペンとノート」であることにわくわくして記事を書いたのを覚えています。

 

sultrynight.hatenablog.com

 

お題に答えるというやつで、なんだか昔によく流行った、バトンみたいだな〜って思いながら好きなこと書いて、最後には、はてなブログに盛大に告白して終わった記事。はてなブログが大好きなわたしは、はてなの運営さんからいつもと違うメールが届いてもう、ほんとうにドキドキした。これって変な迷惑メールじゃないかしら、はてなブログを装った、怖い業者だったらどうしよう、なんて考えながらも、送られてきたタイミングとかメールアドレスとか、リンク先をじっくり2日ぐらいかけて確認してやっとお返事をしました。

 

しばらくして送られてきた当選品

 

f:id:sultrynight:20170125225928j:plain

 

f:id:sultrynight:20170125225945j:plain

 

なんだかとても高級そうな……LAMY?なんて読むの?なんだこれ外国のおもちゃみたいな外観だけど、きっといいものなんだろうな。かわいーなー。もったいないからしまっとこ。……って!!!ばかやろう!!!沼に落ちた今だから言えるけど今すぐ使え!!!LAMY(ラミー)についてもっと調べろ!!!LAMY(ラミー)知らずして文房具好き語ってんじゃねえ!!!

……とまぁ。わたしはどんなブランドのペンが送られてくるか、何サイズのノートかなんて調べもせずに、「はてなブログのロゴ入ってる!!!ほっしー!!!」と飛びついた訳でありました。お恥ずかしい。文房具の王様よね、LAMY。好き。

そう、それでそのまましまっちゃったんです。おばかさん。そこからしばらく存在を忘れていたのですが、当時Mnemosyne(ニーモシネ)のノートにめちゃくちゃハマっていて、それに考えたことやら勉強したことやら仕事のことやらを色々書きなぐるのが好きだったんです。もちろん大好きなシグノRT-1のブルーブラックで。でもやっぱり水性ペンって、変に力が入っちゃったり、インクフローがよくて集中して書けすぎるせいか、もっとゴリゴリ書き殴れるペンはないかな〜……って思って。そのときにフッと思い出したのが、先日当選したばかりの、LAMYのボールペンだったのです。紫の見た目からしてゴリゴリ書けそうな子。

 

マルマン ノート ニーモシネ A5 方眼罫 N182A

マルマン ノート ニーモシネ A5 方眼罫 N182A

 

 

 

LAMYの「Safari」2016年限定ライラック沼にドボンする

 

これが、ドイツのペンメーカーLAMY社が作っている「Safari」というシリーズであること、毎年リミテッドカラーが発売されて、それが大変人気であるということ。2016年限定のライラック色はレゴと一緒の素材のabs樹脂でできていて、Safariが世に出た1980年当時と同じ、マットなボディとブラッククリップがチャームポイントであるということ。他の色もたくさんあって、色によって指触りが違うということ。ボールペンだけでなく、万年筆やローラーボールなどもあって、意外にお手頃な価格であること。もともとは学童用にデザインされたペンだから、持ち手が三角になっていて、自然と正しい持ち方ができるようになっているということ。とにかく色んなことを調べまくって、気付いたときにはもう、同じライラック色の「Safari」の万年筆を迎え入れていた、というわけです。

 

f:id:sultrynight:20170125232922j:plain

 

早すぎーひん?沼に落ちるの。ボールペン使ってから2日ぐらいしか経ってないわ。わたしって何にハマるときも飛び込み型なんですね。気になったらすぐに手に入れないと気が済まない。沼に片足ずつゆっくりつけて、心臓が飛び出ないようにそっと浸かるんじゃなくて、飛び込み型。一気に。頭から。頚椎折れてしまうんじゃないかと思うぐらい真っ逆さまにここから万年筆沼に落ちていきました。もう今すでに、違う万年筆も買ってしまい、インク沼に飛び込んだところなのですが、長くなりそうなので、今回はここまでで。LAMYだけにしときます。

 

肝心の使い心地

 

  • ボールペン

ボールペンの方は、予想通りごりごり書き殴れる感じで頭の中を整理するにはちょうどいい感じでした。インクはJETSTREAMなんかに比べると、硬め。なので、どこかでクルクルって試し書きしてから使わないと、書き始めは必ず掠れます。ぬるぬる書きたい人にはオススメしませんが、図やら字やら豪快に書きたい人、筆圧が高めの人には良いと思います。書いていてとても気持ちがいいです。どうしても中身を日本製のぬるぬるボールペンで使いたい人には中身をアダプターでJETSTREAMに替えちゃったりできる画期的な商品があるみたいなので、こちらも気になっています。ガリガリもぬるぬるもどちらも好きだから、悩む〜!

 

 

  • 万年筆

万年筆の方は、EF(極細字)を購入しました。ライラック色は、ニブ(ペン先)がブラックでめちゃくちゃかっこいい。日本製の万年筆じゃない場合、英語を書くことを想定されているから、EF(極細字)と言っても、日本製のF(細字)ぐらいなんですって。わたしはこれが初めての万年筆だから太さが比べられなくて、十分に細いと思いましたが、使っていくうちに馴染んできてインクフローも良くなってきたせいか、やはり5ミリ方眼の中に漢字を書くとなると少し太いかもしれない。画数が多いものなら潰れてしまうかも。お手紙とかに最適ですね。

ニブ(ペン先)は金製ではなく、スチール製の鉄ペン。なので安価で気軽に使えます。しかし金製に比べるとやや硬めらしく、カリカリと書ける印象でした。やっぱり持ち方が悪いと角度によってインクが出にくい場合があるし、紙との相性もあるなあ、と感じました。わたしはまだこれでLAMY純正のカートリッジ(青色)しか使ったことがないので、コンバーター(万年筆用インク吸入器)を使用して他のインクを使ったときにどうだったかなんてレビューもしたいなぁ。

 

自己満でしかない写真たち

 

▼これが例のブラッククリップ。ライラックにブラックとか一目惚れしかない。

f:id:sultrynight:20170126000028j:plain

 

▼開けたらこの色気のある落ち着いたニブなんです。惚れる。

f:id:sultrynight:20170126000034j:plain

 

▼横から見てもステキ。

f:id:sultrynight:20170126000041j:plain

 

▼ペンの上部はこんな感じ。

f:id:sultrynight:20170126000046j:plain

 

▼マットな質感に上品なラメ。LAMYの型抜きがさりげなくて、たまらん。

f:id:sultrynight:20170126000052j:plain

 

まとめ

 

まとめもクソもないですが、はてなブログさんのプレゼント企画からこうしてLAMYファンになってしまった辺り、やはりわたしの元に来るべきだったのね、なんて思ってしまうほどの運命の出会いでした。文房具好きなら大体知っているであろうド定番すら知らなかったのですから。お恥ずかしい。でもそういう商品をプレゼントにしてしまう辺り、さすがだなーはてなブログ!(よいしょよいしょー(゚∀゚)!)

LAMYちゃん、ノートちゃん、わたしの元にきてくれてありがとう。大事にするね。