読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

【読書感想】『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』永田カビ 作

活字が大切すぎて沸き起こる、とある感情

 

こんにちは、mira(@mirara_l) です。活字が大好きなのに、集中して文字を意味に変えてしっかり頭にインプットされるときと、そうでないときの違いってなんなんだろう。わたしの場合、仕事中だと特にそうなってしまうのですが、短い記事でも自分なりに頭で考えながら丁寧に読もうとするときの、あの「意味不明な罪悪感」の正体ってなに…。


インプットもそうであればアウトプットもまた然り。特に意味のない文章なら、だらだら日記としていくらでも書けるのですが、せっかくブログをやってるんだから、丁寧に文字を書きたいと思うのです。だらだら書き綴るのも自分のそのときの思いを大切にする意味では大事にしたい作業なんですけどね。

話題が無くては続きません。話題が無いときレビューに限ります。レビューはアウトプットに最適ですよね。「復習」をすると、自分の頭の中に再び印象づけられます。先程のわたしの文章を読むときの「意味不明な罪悪感」の中には、いったん目を通したら背景や書いた人の思いまでしっかりと汲み取りたい、という気持ちが大きいからなのかな。

 

本の感想

 

さて、今日はあるエッセイ漫画を読みましたというお話。Kindleって本当に便利。ちゃんと活用しています。

作者の実体験に基づくお話ということで、大変興味深い内容でした。タイトルで惹きつけられますよね。でもレズ風俗は作者にとっての心の安定・回復のような位置での登場なので、ポルノ的な作品を期待している方にはおすすめできません。読んでいるうちにレズ風俗という言葉の衝撃は薄らいでいき、きっとこんな風に寂しい思いをしている人はたくさんいるんだろうなぁ、と今の社会の縮図を見たような気持ちになりました。

調子が悪いときの漫画での表現の仕方が、絶妙。きっとそんな調子を経験した人の中でも、こうして漫画で分かりやすく書けるのは才能ですよね。すごい。

この漫画の中で、レズ風俗嬢にしても、面接官にしても、作者と出会う「人」という生き物の良さに安心しました。まだまだ世界は捨てたもんじゃないなって。新しい人と出会うこと、これは心が回復していく中で大事な大事なことなんだろうな。きっとその最中には「人との出会いなんて言ってられるようなレヴェルの状況じゃねえわ」、って思うんだろうけど、振り返ってみると自分自身の問題で。優しい人はそこらじゅうにいた。っていう。

だからエッセイって好き。その人の周りにある幸せを、少しだけ見せてもらえる感じ。読書って普通に生活してたら絶対に見ることのない他の人の人生を覗き見ること、体験することができる不思議な体験ですよね。わたしはもうそれにやみつきなんですけど。こういうエッセイはビジネス書とか分厚い小説とかの合間に息抜きで読みたいです。これは内容が内容なだけに、中には息抜きにはならずに苦しくなる人がいるかもしれませんが。

 

しっかり考えた点

 

本書の中で印象深かったのは「抱きしめられたい」という欲求。作者の家庭環境が非常に気になります。赤ちゃんの頃の愛情欲求が満たされていないんだろうか。気になる。大人になってから赤ん坊のように「抱きしめられること」に固執する人って、中途半端に児童心理学をかじった身としては気になりすぎる。赤ん坊のように、というのがポイントで、もう無意識のレベルだと思うんですよね。だから大人としてパートナーに甘えたいときなんかに抱きしめ合うスキンシップとはまた違う欲求だと考えます。

それが悪いとかじゃなくて、きっとそれを可愛いなって思う人も世の中にいるでしょう。世の中ちゃんと釣り合うようにできていると信じています。大人になって母親と一緒に寝たりベタベタしたりできる人が羨ましい感情と似ているのかな。わたしは、できないから。

スキンシップについて大学で研究していたことや、現職の職業柄もあると思いますが、自分も含めて家庭環境って本当にその人の人生に大きく関わると思うし、例え家庭環境が影響して人生底に落ちたと感じたとしても、人との出会いで運命のように心地いい生き方へと転がったりもする。その必然のような偶然を考えることが好きなのかもしれません。

 

まとめ

 

ネットで話題になっていたのでわたしはレズビアンであることも関係して読みたいな読みたいなって思っていたので、読めてすっきりしました!pixiv発の漫画エッセイということで、中にはもう読んだよーという方がいるかもしれません。わたしの場合は作中の「抱きしめられたい」という欲求が人の育った環境を考えるきっかけとなったわけですが、きっと読み手によって感想が全く違ってくるであろう本書。楽しかったです。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ