読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

【読書感想】『金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ 永江 一石のITマーケティング日記2013-2015』永江 一石 著

読書ログとして書きます。著者は永江一石さんという方です。この本はKindleのプライム会員、月1冊無料のコーナーで出会いました。内容はさておいて、このインパクトのある本のタイトル。わたしに語りかけられているようで、思わず詳しく調べないままポチリ。ITについては全く無縁の世界で生きていますが、こんな風に面白いタイトルをつけているということは、わたしのような初心者にもハードルを下げて書いてあるものなのかな…!?と期待。

ブログをまとめたもののようで、話し言葉口調がメインの、だいぶ砕けた書き方でした。ブログを読んでいたと思えばいいかな?本を読んでいるという感じではありません。内容は大まかには分かるのですが、わたしのような全く知識のない者が読むと頭の上に「???」が浮かぶ方が多いと思います。

まずキーワードが分からないので英語の教科書を読んでいるみたいなの。RSS、SEO、リテラシー、横文字がたくさん続くと読むのがだんだん辛くなってくる……。私の場合、もっともっと初心者向けのIT本から始めなければいけませんでした(←こんなことが読んだら忘れない読書術にも書いてあったような気がする)。自分に合ったレベルの本というのは大事ですね、ということをこの本から学びました。

普段はこういう世界には全く無縁ゆえ、面白い世界を覗き見たような感じでした。もっともっとAmazon Prime会員を活用していきたいな。検索しづらいところがちょっと辛いけど。いい本に出会えるかな。

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編