熱帯夜

男も女も犬も子どももいる世界で過ごす、私、miraの物語。

LGBT

あなたの隣にいた女、同性愛者なんだってさ

ただいま。飲み会から帰ってきました。mira(@mirara_l)です。疲れました……。今日も聞かれる聞かれる。「miraさんは、いい人いるの?」歳も歳だから、ちょっと控えめに聞いてくれます。「いませんよ」私は微笑む。この嘘に気づいて、と顔に書きたい気持ちで微…

女同士のカップルが同棲2年目に突入するにあたって思うこと

こんにちは、mira(@mirara_l)です。パートナーと一緒に暮らし始めて1年が経ちました。この1年、いろんなことがあったなぁ……。 1年を振り返る 「今だ行け!」を自分で決めて、家を出る前に堅物の古き良き時代のパパに一世一代のカミングアウトをしたこと。…

カミングアウトから10年が経った今なお社会に傷つけられそうだった、異性愛者の友人と、同性愛者の私の話。

私はこういうブログを書いているから、「異性愛者」や「同性愛者」という大きな括りで話すことが多い。それが、今回の事態を招いてしまった。カミングアウトは、ときに私の性的指向を受け入れて欲しかった人を傷つけることにつながる。それは、自分の娘や息…

「男」になっていく男子の変化に切なさを感じていた頃の話

思春期、仲が良かった男子が「男」になっていく過程を見るのが気まずかった。私が「女」を好きになる性的指向はきっと生まれつきで、中学生の頃に女子に初めて恋をした。幼馴染の先輩だった。ただそこに行き着くまでは、もちろんまだまだ子どもで、小学生の…

もしも自分がレズビアン(女性同性愛者)じゃなく、ノンケ(異性愛者)もしくはバイセクシャル(両性愛者)だったら?

こんにちは。mira(@mirara_l)です。今日は、なんとなくいつも考えてしまうことについて書きたいと思います。好きなことやモノは常にたくさんあって、趣味が多く、時間が無い無いと嘆きながら結局お休みの日は何もできなくて後悔するタイプなのですが、プロフ…

突然だけど、レズビアンの私が女湯に入るときの気持ちを書く

こんにちは、mira(@mirara_l)です。今日は、題名の通りレズビアンの私が女湯に入るときの気持ちをゆっくり書いてみたいと思ったので、記事にします。私が異性愛者だったとしたら、同性愛者の女が女湯に入っているということを気持ち悪いと思うのかな。でも、…

異性愛者に「結婚しないの?いい人はいないの?」と詮索された結果、電車に轢かれたいと思うんだよ

「何があってもこの仕事をやめないでね」研修の帰り際、先輩に言われた。やめたくない。異性愛を正しいと教える現場でも、私はこの仕事が好きだから。結婚ばかり勧めてくるあなたでも、この仕事を何十年と続けてきて、今なお良い職種だったと言えることを尊…

レズビアンである私が好きな男性、嫌いな男性

レズビアン的男性考察 う〜〜〜ん、やっぱりコイツ苦手……。と思う男性が職場にいる。何でこの人のこと、こんなに苦手って思うんだろう?とか色々考えてると、そういえば前の勤務地で働いていた頃から苦手な男性がたくさんいたことに気付いた。でも苦手じゃな…

カミングアウトとアウティングが今日もどこかであなたの大切な人の死を招いてしまうから

「もったいない、かわいいのに」 きっと今もどこかで言われているんだろう、と思う。「もったいない、かわいいのに」。私の母親だって、今でさえ言わなくなった(からと言って思っていないとは限らない)けれど、カミングアウトをしてからしばらくは、そう言…

忘年会という地獄に向かう

忘年会・新年会シーズン。本当に憂鬱です。お酒は大好き、美味しいご飯も、楽しい雰囲気も好き。じゃあなんで憂鬱なのか?それは、最終的に必ず人生の話、家庭の話、恋人の有無、そんな話になるからです。それを想像すると、出掛ける前から溜息しか出なくな…

同性カップルとして生きていく人生のハードモードさ(2018.12現在)

こんにちは。mira(@mirara_l)です。 今日は、同性カップルが想定されていないことで困った事例を紹介します。 私は普段、学校で働いています。職種は……身バレが怖いので、正式名称は避けますね。Twitterを覗いてくださっている方なら、うすうす気付かれてい…

ゲイが主人公のドラマが多くなってきた流れにモヤっとするレズビアンの独り言

……はい、モヤっとしているレズビアン(@mirara_l)です。 たくさんの良作に出会った、あるいは出会う予定 『弟の夫』わーん、マジ泣ける。この切なさが堪らないし、佐藤隆太のゲイを差別してしまう心情がやたらとリアルだー。把瑠都もすごく自然な演技で最高。…

遺書を破いて

杉田水脈議員の一連の騒動に傷ついたので死にます、という遺書を書いて自殺をすれば、この世の中って変わるんだろうか。なんて、日常生活の中でぼんやり考えてしまうのも無理はないでしょう?私は仕事場から帰る、車の中でふと、そう思いました。 なんかもう…

私たちは傷つきました

いま、愛するパートナーとトリスハイボールで乾杯したところ。世の中は(といっても自分の関心が高いニュースにしか目がいっていない訳だけれど、でもこれからの日本にとって、とても重要なニュースだと思っている)、例の国会議員の「LGBTには生産性がない…

結婚があなたの幸せでしかありませんように

こんにちは。mira(@mirara_l)です。お久しぶりです。毎回最初がお久しぶりのご挨拶になってしまっていますね。 この度、妹が結婚しました。 sultrynight.hatenablog.com 思うところがたくさんありました。嬉しかったです。寂しかったです。楽しかったです。…

上手に隠され見ないふり

とてもありがたいことに、はてなブログ大賞2017に選出されました。本当にびっくりです。ありがとうございます。 blog.hatenablog.com はてなブログ大賞2017受賞を知った私の状況 ……ん?なぜか急に有名な方にフォローされている?なんでだ?昔に書いたブログ…

無い権利を考える

この度、2人暮らしをすることになりました! こんにちは、mira(@mirara_l) です。Twitterで報告をさせていただいたのですが、みなさんが「いいね」で反応をくださって、本当に嬉しかったです。10年間一緒にいたのに叶えることができなかった念願の念願の夢…

人様の結婚式参列って強制?

結婚式には参加しないと決意した日 1年ほど前ですが、決意したのです。友人の結婚式には今後一切、参列しないと。▼傷ついて帰ってくるだけなのに…… sultrynight.hatenablog.com ▼自分を守る判断をしました sultrynight.hatenablog.com ▼先輩に言われた、最…

過去の自分を受け止めようとして死にそうになることがある

台風が去っていきました。先ほどまで、家が壊れてしまうのではないかと思うぐらいの暴風雨だったのですが……今は、離れて暮らすhoneyと愛娘(犬)の方に行ったようです。自転車並の速さだって聞いていたから、もっと長引くかと思ったんだけどなぁ。とにかく、…

推しの結婚や恋愛についてレズビアンの私が考察してみた

最近、推しの一人が自身の結婚観をブログに書いた。……困った。モヤったのよ。突然、ものすごく。でも改めて考えると今までもこういう感情に何度か遭遇していて初めてじゃない。なんだろう、これ。夢女子の嫉妬かな?と思っていたけど、どうやらちょっと違う…

同性カップルが子どもをもつということ

昨日は色々と考えさせられる日だった。パートナーと、子どもをもつことについて考えた。私たちはどちらも女性で、だからどちらもママになりたくて、女性を孕ませたいという感覚はない。妊娠して、お腹が大きくなり、そこに命が宿っている感覚を味わってみた…

女に女扱いされたい

……これが、私の性的指向の全てと言っても過言ではないかもしれない。 「レズビアン」と一口にいっても色んなタイプのレズビアンがいる。世界には、もうここに書き切れないほどのいろーんなレズビアンがいて、性格も感じ方も想い方もみんな違うからきっと同じ…

男も女も犬も子どももいる世界で

お二人とも強くて凛々しい女性だ。他の誰のものでもない自分の人生を大切に思い、それでいてきちんと自分の考えをもっていて、的確に言葉にしている。素敵な方たちだ、ほんと。 www.nanakorobiyaoki-sui.com www.dokodeneru.com 仕事場でこのブログ記事を読…

女性のわたしが女性からセクハラを受けているという現実

ああ、苦しい苦しい苦しい。どうしてそんなセクハラをするの?わたしはどうして女の人にセクハラされているの?この世の中は、異性愛主義なんでしょう!?構うな。誰も、わたしに構ってくれるな。と、やさぐれた気持ちになっているいま。とてもブルーです。…

セクシャルフルイディティという言葉に出会ったことで気持ちがラクになったお話

こんにちは、mira(@mirara_l)です。 聞いたこと、ありますか? 最近、出会った言葉がありまして。その名も『セクシャル・フルイディティ』。わたしはレズビアンでLGBT当事者のひとりですが、この言葉は知らなかった。好きになる相手によって性的指向が流動的…

たすけて

それは誰のための言葉なのかしら あなた達は「今じゃない、今じゃない」と言うけれど。じゃあ果たしてこの先、わたしに「今だ、行け!」はくるのか?父親へのカミングアウトに関する話をカミングアウト済のストレートの人たちに話すと、よく言われるのが「今…

レズビアンのわたしが男性俳優と付き合えるかという質問をされるときの話

「じゃあ、●●(男性俳優)とだったら、付き合える?」 わたしが大好きな男性俳優について散々語った後に、よく聞かれる質問No.1がコレ。もちろん、わたしがレズビアンだとカミングアウト済の、友達、あるいは家族からだってポンポン飛び出てくる、理解不能な…

【読書感想】『同性婚 だれもが自由に結婚する権利』同性婚人権救済弁護団 編

こんにちは、mira(@mirara_l)です。お久しぶりすぎて、すみません。またブログが書きたい欲に導かれるままやってきました。 今日は最近読んだ本の紹介です。この本だけではなく、漫画だったり歴史小説だったり文学だったり色々と読んでいるのですが、この本…

本当に怖いものの正体

こんにちは。mira(@mirara_l)です。 早速ですが質問です。みなさんには、「なんとなく嫌なもの」ってありますか?“嫌”というところがポイントで、“苦手”とは違うものです。ただ単純に、“嫌”なもの。わたしはそうだなぁ……「数学」「鳥」「小さな点の集合体」…

ゆびのわ

わたしの左手の薬指は、あなたのもの。あなたの左手の薬指は、わたしのもの。わたしは小さな頃から植え付けられた、結婚の素晴らしさに囚われている。 普段は子どもに「結婚してるの?」と聞かれることすら怖くて、常に職場ではhoneyから貰った指輪を右手の…